2015年2月27日金曜日

芸術は過程がどうでも、結果作品になれば全て作品!

こんにちは、Mimusです!

2年前の音楽を動画師の友人からの頼みでアレンジ(調節程度)、リマスターしてるんですけど、昔の私本当にすごい。型破り半端ない...orz
 
どこがすごいっていうと、昔はとにかく結果的に ” 曲 ” になれば何でも良かったんだな~ということ。

楽器の使い方にしろ、音圧の上げ方にしろ、むちゃくちゃなことしてて、よくここまでまとまったなと... 発想力はすごいけど改めて今調節し直しとかになると、昔の私には扱えて今の私には扱えない代物のように思えて苦労する...

でも、今でもまだまだむちゃくちゃなことはしてると思いますが(私が気づいていないだけで)、同じ私と言う「作詞・作編曲者」であり「(自称)音響技術者」なのに、これだけの変化は何なのか... 自分でもにわかに信じられないです...

いや~、よく2年前CDプレスして全国委託販売できたよな~。こう考えてみると、信じられない!!(汗)

昔の自分の演奏方法の発想力が別次元過ぎて、見習わなきゃって思ってしまう...

ある程度音楽等の勉強をし始めると、自然と言うか無意識的に ” 型にハマろう " と意識しちゃうけど、あえて型から外れることも芸術なんだな~って実感。

だって、結果として ” 作品 ” になればそんなのどうでも良いことなんですもん。

あの時は、音楽の知識はピアノ譜を少し読める程度から始まった作曲活動。

曲は自分一人独学で作り始めて、本当に楽器や機材、ソフトや理論の使い方を知らない状態でも、 " 音楽が好き " という想い一途でがむしゃらにやってきたんだなって、振り返るとそう思います。

同じ制作者でも、ここまで変わるんだ。芸術って深いですね^^


でも! なんだかんだ書きましたけど、結局言いたい私の今の気持ちはただ一つ「昔の私の音楽、癖ありすぎるよ...」。勘弁してくれ~...orz

(チャンチャン!)

0 件のコメント:

コメントを投稿