2015年4月27日月曜日

自分らしく生きるためには?-1.どこまでが自分?

こんにちは! Mimusです!

今日から5日間ほどかけて、私が音楽にもこれは重要だということで、大学期に研究していたアイデンティティ(自己同一性=じぶんとはなにか?)について書いていきたいと思います。これがしっかりしていると「自分らしく生きるため」の自分という軸がしっかりしてくるのではないかな?と思い、書いていきたいと思います!

心理学では、自分のことに関する確信をアイデンティティと呼びます。

アイデンティティとは、簡単に言えば、自分と言ったらこれだ!とか、自分とはこういう人間だ!とかそういう自分自身についての確信のことだと思って貰えれば大丈夫です。
この記事ではそのようにして進めていきたいと思います。


アイデンティティ(=自分らしさや自分ってどんな人間?どんなことが好きなの?自分の性格は?世の中での自分の役割はなに?)で悩むのは主に中学から大学期。
この時期は遅かれ早かれ個人差がありますが、必ず誰しもが直面する問いであり、何か事始めると必ず通らなくてはならない道なのです。


アイデンティティを見つける(=アイデンティティ確立)とどのようにいいのか。

簡単に言えば、今半年前に話題になった " ありのままの姿で生きる " や " 自分らしく生きる " ということに繋がってきます。そして、アイデンティティが確立されないと、主に人間関係や人として生きる姿勢に大きな影響を及ぼすことになってきます。またこの所については後々詳しく解説していきたいと思いますが、とりあえず、ちょっと学問的な内容も含めて、「へぇ〜、そうなんだ〜」みたいな感じで読んでいってもらえればと思います。


1.どこまでが自分?

はい、では進めていきたいと思います。


アイデンティティとはなにか。

アイデンティティとは、自己同一性と言い、自分は何者であり、何をなすべきかという個人の心の中に保持される概念のことを言います。
具体的に言えば、先ほど書いた自分はどんな人間なのか。どんな性格なのか。何をやりたいのか。 どんな職業につきたいのかという考えを持つこと。
これは誰もが経験したこと、もしくは考えてたことのある内容ですね。
音楽で言えば、自分の作品の全体の方向や自分がどんなアーティストなのかなど。

アイデンティティを考える身近なもので言えば、高校受験、大学受験、就職活動とか自己分析とか。これらは自分が何をしたいか、何を学びたいか、どんな学生生活をしたいかという考えが アイデンティティにつながってくるのです。


このアイデンティティを言い換えれば、社会の関わりの中で身につける自分の役割、 自分自身の価値についての確信と言えます。

例えば、自分はあるグループではムードメーカーで、場の雰囲気を和ませるという役割にあるとか、あるサークルでは部長で、みんなのまとめ役で、メンバーへ気遣いをしてモチベーションをあげる役割がある、もしくは価値があるとかいろいろあります。 このようなものの確信がアイデンティティなのです。

しかし、これには自分の環境や役職などの自分の内面的な物以外の付与された価値などの外部要因はアイデンティティではないことを理解しておいてください。アイデンティティは自分の内面的な概念をさすもので、自分の外的環境や価値で付与された影響力=価値ではないのは注意して頂きたいです。


だいたいどんなものをアイデンティティと呼ぶのか、感覚的に理解して頂けたでしょう か?


ここで一つ付け足しなのですが、アイデンティティがしっかり確立されていないからと言って、その人が人間的に稚拙とか発達が遅いという訳ではありません。たまたま自分自身の内面について考える時間や経験がなかっただけというだけなので、別に悪いことではない所を知っておいてください。


さて、次の記事では「アイデンティティ確立とはなにか?」について書いていきたいと思います。

では、今日はここまで!



_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
参考資料
・図とイラストでよむ人間関係
 編著者 : 水田恵三・西道実
・複雑さに挑む社会心理学
 著者 : 亀田達也・村田光二
・やさしい青年心理学
 著者 : 白井利明・都筑学・森陽子
・「思いやり」の心理-自分が大きくなる人間関係の方法-
 著者 : 加藤諦三
・心理学 : アイデンティティ
 (http://dnpa.s3.xrea.com/psy44.htm)
・heaps of identity
 (http://www6.plala.or.jp/lapisblue/sab-chan/text.html)
・心理学総合案内こころの散歩道
 (http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/koneko/3hattatu2.html)
・ニートひきこもりJournal
 (http://nhjournal.blog37.fc2.com/blog-entry-295.html)
・ジュニア期におけるアイデンティティの確立
 (http://juniorski.blog88.fc2.com/blog-entry-953.html)
・アイデンティティ・ステイタス
 (http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/vision/word001/psycho_word006.html)
・アイデンティティの問題と目的
 (http://educational-psychology.edu.mie-u.ac.jp/thesis/2006/nakahara/m-m.html)

0 件のコメント:

コメントを投稿