2016年2月16日火曜日

名古屋商科大学吹奏楽部第29回定期演奏会!




みなさん、おはようございます!Mimusです!

2/9に、我が母校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました!



久々の生楽器の音色を聞きます。 やはりいろいろと勉強になりました。

今回思ったことは、初っ端から最近の自分は音楽に対して頭が固くなっているということに気づかされ、「あぁ、自分で自分の音楽の世界を狭めてしまっている。表現の仕方に自由度がない。」と感じました。

前回、と言っても2年ぐらい前でしょうか? その時は楽器の演奏法や表現方法ばかり注目していましたが、今回は自分のスケールと歴史的に偉大な作曲家の遺産とも言える作品のスケールを比べたとき、まだまだ未熟な私でもその差は曇天の差とは収まらない違いに気づかされました。

音楽理論に囚われすぎているのか、それか和音やハモりに囚われているのか、私の中でははっきりとはしないものの、垢抜けていない部分を鏡のように見れた気がします。


MimusicのサークルメンバーKEITAは、「和音で曲が構成されていないんだね。Mimusの曲の作り方の意味がよく分かった」と言われ、

自分には自覚できていなかった部分がなんとなくKEITAを通じて気づけた気がした1日でした。

やはりこういう勉強は大切ですね。また定期的にこういう機会を積極的に作っていきたいと思います!!

はい、では今日はここまで!! 

0 件のコメント:

コメントを投稿